最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
最近話題になることも多いインプラント。
ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費を覚悟しましょう。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
管理人のお世話になってるサイト⇒歯の汚れを落とす歯磨き粉の通販サイト