インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。
お世話になってるサイト⇒ホワイトニングには安い歯磨き粉を使いましょう