費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
こちらもどうぞ⇒歯を白くする歯磨き粉